携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

2 損害賠償責任

(2) さまざまな関係者の責任
(ヘ) 運転代行者の責任

Q. 運転代行業者に運転の代行を依頼したところ、運転代行業者が事故を起こし、依頼者本人が怪我をした場合、依頼者本人は運転代行業者にその責任を追及できますか
A
  • 契約責任
    運転代行業者は依頼者に対して、自動車を安全に運転するという契約上の義務を負っています。したがって、運転代行業者が不注意により事故を起こして、依頼者が怪我を負った場合、依頼者は運転代行業者に対して安全運転義務違反により損害賠償責任を追及することができます。
  • 運行供用者責任
    さらに進んで、依頼者本人が運転代行業者に対して、運行供用者責任(自動車損害賠償保障法3条)を追及できるでしょうか。依頼者本人も事故の相手方に責任を負ういわゆる共同運行供用者でありながら、運転代行業者との関係では同法同条の「他人」といえるのかが問題となります。
    この点、飲酒により安全に自動車を運転する能力、適正を欠く依頼者は、自ら自動車を運転することによる交通事故の危険を回避するために、運転代行業者に運転代行を依頼したのであるから、自動車の運行による事故の発生を防止する中心的な責任は代行業者が負うとして、依頼者が運転代行業者に運行供用者責任を追及することを認めた判例があります。