携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(2) 積極損害
(ト) 後遺症が残った場合の器具代や住宅の改造費

Q. 自動車事故により後遺症が残った場合、器具代や住宅の改造費につき、賠償請求は認められますか
A
  • 一般論
    自動車事故により後遺症が残った場合、日常生活に支障が生じることから、身体機能を補うための器具や、住宅の改造が必要となる場合があります。このような器具の購入や、住宅改造に要した費用は、後遺症の程度や生活環境等を考慮して、身体機能を補うために必要かつ相当な限度で、賠償が認められます。
  • 裁判例
    (1) 右目を失明した男子の将来の義眼代として、平均余命58年の間、4年に1度交換する必要があるとして、約99万円の賠償を認めた裁判例、
    (2) 失明した場合に、盲導犬関係費用として544万円の賠償を認めた裁判例、
    (3) 右下腿部を切断した4歳の男児に将来の義足代として53年間分の合計37万円の賠償を認めた裁判例、
    (4) 四肢麻痺等の後遺症を残した17歳の男子に、平均余命58年間に少なくとも11台の車椅子を購入する必要があるとして約144万円の賠償を認めた裁判例、
    (5) その他コンタクトレンズ、足底板装具、下腿免荷装具、義歯、コルセット、カツラ等の器具の購入費の賠償を認めた裁判例があります。
    (6) また、脊椎損傷による両下肢完全麻痺等の後遺症を残した被害者につき、車椅子で動きやすいよう部屋を広くし、段差をなくし、浴室・洗面所を改造し、屋外のテラスをスロープにする等の改造費用の賠償を認めた裁判例等があります。