携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(4) 慰謝料
(ロ) 傷害による慰謝料

Q. 自動車事故により顔面など外貌に大きな傷跡が残ったような場合、どの程度の慰謝料を請求できますか
A
  • 女子の外貌醜状
    女子について、人目に触れる可能性のある身体の部位(外貌)、特に、顔面に大きな傷跡(醜状)が残った場合には、男子の場合に比べて、就職・結婚等の社会生活における悪影響が否定できず、精神的苦痛がより大きいことから、慰謝料は男子に比較して高く評価されています。また、未婚か既婚か、未成年か成人か老人か等によっても慰謝料は異なり、一般には、既婚より未婚、老年より若年の方が慰謝料が高くなります。
  • 後遺症等級認定基準
    (1) 「外貌に著しい醜状を残すもの」の場合、女子は後遺症等級7級、自動車損害賠償責任保険金額1051万円、男子は後遺傷害等級12級、保険金額224万円とされ、単なる「外貌に醜状を残すもの」の場合、女子は後遺症等級12級、保険金額224万円、男子は後遺症等級14級、保険金額75万円とされます。
    (2) そして、自動車損害賠償責任保険の認定基準において、「著しい醜状」とは、イ 手のひら大(指の部分は含まない。以下同じ)以上の傷跡または頭蓋骨の欠損、ロ 顔面部では、鶏卵大面以上の傷跡、長さ5センチメートル以上の線状痕または10円銅貨大以上の組織陥没、ハ 頚部では、手のひら大以上の傷跡等で、いずれも人目につく程度以上のものとされています。
    また、「単なる外貌の醜状」とは、
    頭部では、鶏卵大面以上の傷跡または頭蓋骨の欠損、
    顔面部では、10円銅貨大以上の傷跡または長さ3センチメートル以上の線状痕、
    頚部では、鶏卵大面以上の傷跡
    等で、いずれも人目につく程度以上のものとされています。
  • 女子の外貌醜状の慰謝料
    実務上、後遺症等級が7級の場合で900万円から1100万円、12級の場合で250万円~300万円との一応の基準に沿って算定されています。もっとも、12級には該当するものの、「著しい醜状」にはあたらない場合には、醜状の程度によって12級の慰謝料に加算するのが妥当です。
  • 外貌醜状による逸失利益
    (1) 外貌醜状のために就職・転職等において不利益を被ることがあることは否めないため、外貌醜状による労働能力の一部喪失を肯定し、逸失利益の賠償を認める裁判例があります。
    (2) 女子の場合、イ 6歳で後遺症等級7級の場合に、18歳から67歳まで40%の労働能力喪失を認めた裁判例、ロ 20歳の短大生で後遺症等級12級の場合に、20歳から25年間の15%の労働能力喪失を認めた裁判例、ハ 60歳のマンション管理人で後遺症等級7級の場合に、11年間の25%の労働能力喪失を認めた裁判例、などがあります。
    (3) 男子の場合は、女子に比べて、逸失利益を認めた例は少ないですが、
    5歳で後遺症等級12級の場合に、18歳から67歳まで10%の労働能力喪失を認めた裁判例、
    後遺症等級12級の会社員(営業担当)の場合に、10年間の10%の労働能力喪失を認めた裁判例、
    などがあります。