携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(5) 物的損害
(ロ) 自動車の買替費用

Q. 購入したばかりの新車に追突されて、修理が必要になった場合、加害者に買替費用の賠償を求めることはできますか
A
  • 原則
    自動車に損傷を受けた場合の損害賠償額は、修理費とその車両の時価(中古車価格)のいずれか低い方とされています。したがって、被害車両の修理が可能であって、しかも、中古車価格より低い場合には、原則として、修理費を賠償することになります。
  • 例外
    (1) 例外的に、修理が物理的または経済的に不可能であるか、または、買替えをすることが社会通念上相当である場合には、事故時の被害車両の時価相当額と下取り代金またはスクラップ代金との差額(買替差額費)を請求できるとされています。
    (2) 「経済的に修理が不可能」とは、修理費見積額が被害車両の時価を越える場合をいうものとされています。
    (3) また、「被害車両の時価」とは、原則として、被害車両と同一の車種・年式・型・同程度の使用状態・走行距離等の自動車を中古車市場において取得するのに要する価額によって定められます。なお、中古車価格は自動車公正取引協議会認定『中古車価格ガイドブック』(「レッドブック」)などが参考になります。
    (4) 「買替えをすることが社会通念上相当である場合」とは、フレームやエンジン等車体の本質的構造部分に重大な損傷の生じたことが客観的に認められる場合のことをいいます。
    (5) なお、特別の事情がある場合には、買替え差額を超える修理費用の賠償が認められることがあります。特別の事情とは、被害車両と同種同等の車両を中古車市場で取得することが困難な場合や、市場価格より高い修理費を投じても修理して引き続き使用したいと希望することが社会通念上是認するに足りる相当の理由がある場合などです。