携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(6) 損益相殺
(ロ) 将来納付すべき所得税

Q. 自動車事故の被害者が死亡したり、あるいは、後遺症が残った場合、被害者が将来にわたって納付すべきであった所得税相当額は損害賠償額から控除されますか
A
  • 問題の所在
    自動車事故により被害者が死亡したり、あるいは、後遺症が残った場合、被害者は、将来にわたって得られたはずの収入を得られなくなる一方、将来にわたって納付すべきであった所得税を納付しなくてよいことになります。
    そこで、被害者は、損害賠償の原因である自動車事故と同じ原因によって、将来の所得税を納めなくてよいという利益を受けたとして、損害賠償額から将来の所得税相当額を控除するべきではないかにつき、争いがあります。
  • 判例
    実務上、損害賠償額から将来の所得税相当額は控除すべきでないとする取扱いが通例となっています。