携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(7) 過失相殺
(ニ) 好意同乗者と過失相殺

Q. 自動車同士の衝突事故により、一方の車両(A)の同乗者が負傷した場合に、双方の運転者に落ち度(過失)がある場合、負傷した同乗者に対する他方(B)の運転者の損害賠償額を算定するに際して、A車両の運転者の過失を斟酌することにより、損害賠償額が減額されることはありませんか
A
  • 過失相殺
    民法722条2項は、被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、加害者の被害者に対する損害賠償額を定めることができるとしています。これは文字どおりに捉えると、被害者本人に過失がなければならないかのように読めます。
    しかし、判例は、
    (1) 民法722条2項の「被害者の過失」とは、単に被害者本人の過失のみでなく、広く被害者側の過失をも含み、
    (2) 被害者本人が幼児である場合の被害者側の過失とは、父母ないしは父母の被用者である家事使用人などのように被害者と身分上ないしは生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者の過失をいうとしています。
    さらに判例は、被害者本人が幼児である場合に限らず、被害者本人と身分上ないしは生活関係上一体をなすとみられるような関係にあれば「被害者側」に含むとしています。
  • 身分上の一体関係
    (1) 夫婦の婚姻関係がすでに破綻に瀕しているなどの特段の事情がない限り、夫婦につき身分上の一体性を認めた事例
    (2) 内縁の夫婦につき身分上の一体性を認めた事例
    (3) 内縁関係にない場合であっても、被害者と約20年間同棲している場合に身分上の一体性を認めた事例
    (4) 約3年前から恋愛関係にあり、将来結婚する予定があった場合であっても、身分上の一体性を否定した事例
    (5) 幼児でない子とその親につき身分上の一体性を肯定した事例
    (6) 3歳の弟と7歳の兄につき身分上の一体性を認めた事例
    (7) 被害者とその祖母や叔母につき身分上の一体性を認めた事例
  • 生活関係上の一体性
    (1) 家事使用人につき生活関係上の一体性が認められた事例
    (2) 2時間ほど幼児の子守を頼まれた近所の主婦とその幼児につき、生活関係上の一体性が否定された事例
    (3) 保育園の保母につき生活関係上の一体性が否定された事例
    (4) 小学校の教師につき生活関係上の一体性が否定された事例
    (5) 職場の同僚につき生活関係上の一体性が否定された事例
  • 雇用関係
    上記1の判例の基準とは異なりますが、被害者に雇用されている者は、原則として、「被害者側」として過失相殺が認められています。