携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(7) 過失相殺
(ホ) 自動車対歩行者の事故の過失割合の基準

Q. 自動車と歩行者の事故において、どのような場合にどのような割合で双方に過失が認められるかの基準があれば教えてください
A
  • 過失相殺
    民法722条2項により、被害者に過失(落ち度)がある場合には、裁判所は、これを考慮して損害賠償額を算定することができます(過失相殺)。例えば、被害者に総額1000万円の損害が生じた場合でも、被害者側に3割の過失があれば、加害者の賠償すべき損害額は700万円になるということです。
  • 横断歩道上の事故
    車は横断歩道を通過する際には、横断歩道上を横断しようとする歩行者がいないことが明らかな場合を除き、横断歩道の直前で停止することができるような速度で進行しなければならず、横断しようとする歩行者がいるときは、横断歩道の直前で一時停止し、歩行者の進行を妨げないようにしなければなりません(道路交通法38条)。
    したがって、横断歩道上の事故の場合には、原則として、歩行者に過失はないものとされ、過失相殺はなされません。
    ただし、信号機が設置され、歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断していた場合には、歩行者には70%程度の過失があるものとされます。
  • 横断歩道外の事故
    (1) 横断歩道が付近にある場合には、歩行者は横断歩道を横断しなければなりません(道路交通法12条)。したがって、横断歩道が付近にあるにもかかわらず、横断歩道外を横断した歩行者には、30%程度の過失があるとされます。
    (2) また、横断が禁止されている道路を横断した場合には、歩行者に50%程度の過失があるものとされます。ただし、フェンス等により物理的に横断を禁止するための設備が施されていない場所については30%程度の過失とされます。
  • 横断歩行者以外の事故
    (1) 歩道と車道の区別がある場所では、歩道上の車の通行は禁止されているため、歩道上の歩行者には原則として過失は認められません。
    (2) この場合、逆に、車道上を歩行することは原則として認められないため、車道を歩行している歩行者には、側端の場合で20%、それ以外の場合で30%程度の過失が認められます。
    (3) 歩道と車道の区別がない場所では、歩行者は側端を歩行している限り、原則として過失は認められません。
    (4) 路上で寝ていたり、遊んでいたりした場合には、20%ないし30%程度の過失が認められます。
  • 修正要素
    (1) 以上は、過失相殺の一般的基準ですので、一応の目安にはなりますが、個別具体的な事情によって修正されることは当然です。
    (2) 車の直前直後を歩行していた場合、交通量の多い幹線道路の場合等の事情があれば、歩行者により大きな過失が認められることになります。
    (3) 他方、運転者にとり危険の予測ができる児童や老人等の場合、住宅街や商店街のように歩行者の存在が容易に予測できる場合等の事情は、運転者により大きな過失を認める事情となります。