携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(7) 過失相殺
(ヘ) 自動車同士の事故の過失割合の基準

Q. 自動車同士の事故において、どのような場合にどのような割合で双方に過失が認められるかの基準があれば教えてください
A
  • 過失相殺
    民法722条2項により、被害者に過失(落ち度)がある場合には、裁判所は、これを考慮して損害賠償額を算定することができます(過失相殺)。例えば、被害者に総額1000万円の損害が生じた場合でも、被害者側に3割の過失があれば、加害者の賠償すべき損害額は700万円になるということです。
  • 交差点での直進車同士の事故
    (1) 青信号に従って直進する車両と、赤信号を無視して直進した車両との過失割合は、原則として、0対100とされます。ただし、青信号に従っていても、通常の速度と前方注視により通常の注意をしていれば衝突を回避できた場合には、青信号に従って直進した車両にも過失を認めることができる場合があります。
    (2) 黄信号時に直進した車両と、赤信号を無視して直進した車両との過失割合は、20対80とされています。
    (3) 信号機が設置されておらず、交通整理が行われていない交差点での事故の場合、ア道路の幅員が同じで、見通しが悪い交差点の場合、双方に徐行義務が課せられますから、徐行義務をどちらが果たしたかにより過失割合は決まります。イ交差点への進入速度も幅員も同じで、同時に進入した場合、左方優先の原則により、左方車と右方車の過失割合は40対60とされます。ウ一方に一時停止の標識がある場合は、原則として、一時停止義務違反車と他方の車両とでは80対20の過失割合とされます。
    (4) 優先道路または一方が明らかに広い道路との交差点の場合、優先道路または広い道路の車両が優先しますから、優先道路または広路を進行する車両の過失割合は10%または20%とされます。
  • 右折車と直進車の事故
    右折車は直進車の進行を妨げてはならないとされていることから(道路交通法37条)、右折車と直進車の過失割合は30対70とされています。
  • 対向車同士の事故
    センターラインを越えたことによる対向車同士の衝突事故の場合、センターラインを越えた車両が100%の責任を負い、過失相殺はなされないのが原則です。
    ただし、
    (1) 道路の左側部分の幅員が車両の通行に不十分なとき、
    (2) 道路の損壊、道路工事その他の障害のために左側部分を通行することができないとき、
    (3) 左側部分の幅員が6メートルに満たない道路において、他の車両を追い越すとき
    等の場合は、道路の右側部分にはみ出して(センターラインを越えて)通行することができるとされていることから(道路交通法17条5項)、左側部分を通行する車両にも一定の過失を認めることができる場合もあるでしょう。
  • 同一方向進行車両同士の事故
    (1) 追突事故の場合、原則として、追突車両に100%の過失が認められます。
    (2) 追越禁止場所での事故では、原則として、追越車両に100%の過失が認められます。追越禁止場所でなくても、追越車両に10%から20%程度の過失が認められています。