携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(7) 過失相殺
(ト) 単車対四輪自動車の事故の過失割合の基準

Q. 単車と四輪自動車との事故において、どのような場合にどのような割合で双方に過失が認められるかの基準があれば教えてください
A
  • 過失相殺
    民法722条2項により、被害者に過失(落ち度)がある場合には、裁判所は、これを考慮して損害賠償額を算定することができます(過失相殺)。例えば、被害者に総額1000万円の損害が生じた場合でも、被害者側に3割の過失があれば、加害者の賠償すべき損害額は700万円になるということです。
  • 単車修正
    道路交通法上、運転者に課せられる義務は、単車の場合と四輪自動車の場合とで基本的に異なるところはありませんが、四輪自動車同士の事故の場合に比べて、通常、単車の過失は10%から20%程度低いものとされています。
  • 二段階右折違反による事故
    原動機付自転車が二段階右折をしなければならない交差点で、二段階右折をしなかったために、直進してきた自動車と衝突した場合、原動機付自転車の過失は否定できませんが、四輪自動車同士の交差点右折時の事故の場合に比べて、原動機付自転車の過失は5%増程度とされているようです。
  • 巻込み事故
    交差点で四輪自動車が左折する際に、合図をしなかったり、左後方を確認しなかったために、直進する単車を巻き込む事故の場合、四輪自動車の過失は大きいと言わざるを得ません。この場合で、左折する四輪自動車が先行している場合には、漫然と直進しようとした単車側にも過失があることは否定できないことから、四輪自動車の過失は80%程度とされています。他方、単車が先行している場合に、四輪自動車が単車を追い抜きざまに左折したために巻込み事故が起きた場合には、四輪自動車の過失は90%程度となります。
  • 渋滞中の車両間での出合い頭事故
    渋滞中の車両の間を右折または横断しようとする四輪自動車と、渋滞中の車両の左側を直進する単車との事故では、四輪自動車の過失は70%程度とされます。