携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3 損害賠償の範囲

(7) 過失相殺
(チ) 自動車対自転車の事故の過失割合の基準

Q. 自動車と自転車の事故において、どのような場合にどのような割合で双方に過失が認められるかの基準があれば教えてください
A
  • 過失相殺
    民法722条2項により、被害者に過失(落ち度)がある場合には、裁判所は、これを考慮して損害賠償額を算定することができます(過失相殺)。例えば、被害者に総額1000万円の損害が生じた場合でも、被害者側に3割の過失があれば、加害者の賠償すべき損害額は700万円になるということです。
  • 自転車の過失割合
    (1) 自動車に比べて自転車の方が明らかに危険性が低いことから、自転車と自動車の過失割合は、歩行者と自動車の場合に準じて考えることが基本的に妥当です。
    (2) 赤信号を無視した自転車の過失割合は、歩行者の場合(70%)に準じて80%程度とされています。
    (3) 交差点で、直進する自転車に対し、右折する四輪自動車が衝突した場合の自転車の過失は原則として10%程度とされています。
    しかし、自転車は他の車両から発見しにくい場合があり、また、自動車ほどではなくても走行速度が速く、走行方法によっては事故を引き起こす危険性があります。したがって、右折しようとする四輪自動車の右側後方から自転車が直進したため、衝突したという場合のように、他の車両からの発見が困難な状況で危険な走行をした場合、自転車の過失は10%程度加算されます。
    (4) 自転車の2人乗りをしている際に事故が起きた場合、自転車の過失は10%程度加算されます。
    (5) 自転車は右折する場合は、交差点の中心部分を通過することが禁止されており、予め道路の左側端に寄って、交差点の側端に沿って徐行しなければならないものとされています。したがって、交差点での対抗直進車との事故で、自転車が交差点の中心部分を通過しようとしていた場合には、自転車の過失は、信号機がある場合で50%、信号機のない場合で30%とされています。