携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

5 自動車保険

(2) 任意自動車保険
(イ) 保険商品の種類

Q. 任意自動車保険の商品にはどのような種類がありますか
A
  • 大分類
    任意自動車保険の契約には、
    (1) 特定の自動車について締結するものと、
    (2) 自動車を保有していない運転者について締結するもの
    とがあります。
  • 特定の自動車につき締結される任意保険の商品の種類
    (1) 特定の自動車につき締結される任意保険には、主に次の3種類があります。
    自動車保険(BAP)
    全ての用途・車種の自動車を対象とし、
    (ア) 対人賠償保険・自損事故保険、
    (イ) 対物賠償保険、
    (ウ) 搭乗者傷害保険、
    (エ) 車両保険
    の中から選択するものです。なお、(エ)搭乗者傷害保険は、他の(ア)から(ウ)の保険と組み合わせる場合にのみ選択することができるものとされています。
    自動車総合保険(PAP)
    販売用自動車を除く全ての用途・車種の自動車を対象とし、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険が基本契約としてセットになっています。これに車両保険を付けることもできます。
    自家用自動車総合保険(SAP)
    自家用自動車のうち、普通乗用車、小型乗用車、軽四自動車、小型貨物自動車、軽四貨物車の5車種のみを対象とします。
    対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険がすべてセットになっています。
    (2) 現在では、以上の3種に加えて、人身傷害補償保険を組み込んだ新種の保険が発売されており、こちらの方が主流になりつつあるようです。
    人身傷害補償保険は、これを普通保険約款に組み込んで新種の保険とする方式と、従来のSAPの特約としてこれをセットにする方式があります。
  • 運転者につき締結される任意保険
    自動車を借りて運転する機会のある人を対象とした保険として、自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)があります。
    これは、保険証券記載の被保険者が、保険証券記載の用途・車種の自動車を借用して運転する場合に、その運転に起因する危険をカバーするものです。
    ドライバー保険では、対人賠償保険・自損事故保険と対物賠償保険のいずれか単独で契約することができます。搭乗者傷害保険はいずれかと組み合わせる場合にのみ契約することができるものとされています。
    なお、自分が所有する自動車について対人賠償保険または対物賠償保険を締結している人が、他人所有の自動車を借用して運転する場合には、これらの保険の他車運転危険担保特約が適用されますので、これとは別にドライバー保険を締結する必要はありません。