携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

7 刑事責任

(ハ) 酒酔い運転と酒気帯び運転の区別

Q. 酒酔い運転と酒気帯び運転とはどのように区別されるのですか
A
  • 酒気帯び運転
    (1) 酒気帯び運転とは、少しでも飲酒した状態で自動車を運転することをいいます。
    (2) そして、道路交通法上、酒気帯び運転が処罰されるのは、酒気帯び運転をした者が、血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラムまたは呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有する状態であった場合をいうとされています(道路交通法117条の2の2第1号、同法施行令44条の3)。
  • 酒酔い運転
    (1) 酒酔い運転とは、酒気を帯びて酒に酔った状態で自動車を運転することをいいます。
    (2) 「酒に酔った状態」にあるかどうかは、警察官の質問に対する供述態度や供述内容、10秒間直立していられるかどうか等の身体動作等により判断されます。ある程度の量の酒を飲んでも酔わない人もいれば、ほんの少し飲んだだけでも酔ってしまう人もいるように、酒に酔うかどうかは個人差があるものです。したがって、酒気帯び運転の場合のような一律の基準はありません。人によっては、酒気帯び運転の基準より少ない量しか飲んでいないのに、酒気帯び運転とされることもあります。