携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第1 交通事故の被害者の損害賠償請求

3 損害賠償請求の内容
被害者が加害者に賠償を請求できる損害は、加害者が起こした事故から通常生ずるであろうと認められる範囲内の損害すべてです。
自動車事故による損害の種類は、まず、負傷または死亡による人身損害と、自動車破損等の物的損害に大別されます。そして、人身損害は、財産上の損害と精神的苦痛による損害に分けられます。財産上の損害は、被害者が事故のために支出した治療費、入院代、付添費、交通費、葬儀費用等の積極損害と、事故がなければ被害者が得られたであろう利益を得られなかったことによる消極損害(逸失利益、休業損害)に分けられます。そして、精神的苦痛による損害を賠償するのが、慰謝料です。
また、請求できる損害の賠償額または填補額については 、大別すると3つの基準があります。自賠責保険基準と、保険会社基準、そして裁判所基準(弁護士会基準)です。一般に、自賠責保険基準が最も低く、裁判所基準が最も高額となります。つまり、
自賠責保険基準 < 保険会社基準 < 裁判所基準(弁護士会基準)
という関係にあり、示談の場合にどの基準を適用するかによって、被害者の受け取れる損害賠償額が全く違ってしまいます。
保険会社は当然、自賠責保険基準で示談を要求してきます。しかし、あわてて示談に応じる必要は全くありません。被害者としては、裁判所基準で損害賠償額を算定して請求していけばよいのです。
もう一つ、一般的な傾向として、 示談<調停<訴訟 と手続の段階を追うごとに賠償額が上がるという実務の傾向もあります。
被害者は、低額な金額で示談に応じることなく、調停や訴訟によって、裁判所基準の賠償額を得ることによって初めて真の救済が得られる場合が少なくありません。
以下、(1)傷害事故の場合、(2)後遺症が生じた場合、(3)死亡事故の場合にわけて整理します。