携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第2 自動車保険

1 自賠責保険
(1) 自賠責保険とは

(イ) 自賠責保険の目的
自動車損害賠償補償法は、自動車の運行によって人の生命または身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的としています(自動車損害賠償補償法1条)。このような目的から、自賠法は、被害者の損害を賠償する仕組みとして保険制度を採用したのです。
(ロ) 自賠責保険の特色
自賠責保険は、任意保険に比べて、免責事由や過失相殺等において保険金の支払条件が緩和されており、また、被害者が加害者の加入する自賠責保険会社に直接損害賠償額の支払を請求することができます。
(ハ) 自賠責保険の被保険者
自動車の保有者の責任が発生した場合において、これによる保有者の損害および運転者も被害者に対して損害賠償責任を負うときのこれによる運転者の損害を填補するため、保険会社は保険金を支払います(自動車損害賠償補償法11条1項)。したがって、自動車の保有者と運転者が自賠責保険の被保険者ということになります。
「保有者」とは、自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供する者をいいます(自動車損害賠償補償法2条3項)。したがって、自動車を使用する権利を有しない泥棒は被保険者にはなりません。
「運転者」とは、他人のために自動車の運転または運転の補助に従事する者をいいます(自動車損害賠償補償法2条3項)。
(ニ) 自賠責保険(共済)契約締結義務
自動車は、自賠責保険または自賠責共済の契約が締結されているものでなければ、運行の用に供してはならないとされています(自動車損害賠償補償法5条)。
この義務に違反した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(自動車損害賠償補償法86条の3第1項)。
また、自動車は、自賠責保険証明書を備え付けなければ、運行の用に供してはならないとされています(自動車損害賠償補償法8条)。
この義務に違反した場合、30万円以下の罰金に処せられます(自動車損害賠償補償法88条1号)。