携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第3 交通事故による損害賠償請求紛争の解決方法

1 示談

示談とは、当事者の双方が歩み寄って、裁判によらずに話合いで紛争を解決する和解契約(民法695条)のことをいいます。交通事故による損害賠償請求紛争の解決方法としては、示談が最も簡便方法といえます。
しかし、最近の任意自動車保険では当たり前になってきている示談代行付保険に加害者が加入している場合には、その保険会社の担当者が加害者に代わって被害者に示談交渉を申し入れてきます。そして、前述しましたように、保険会社の基準は裁判所基準と同一ではありませんから、示談交渉においては、被害者の損害を裁判による解決と同水準で賠償する内容の示談がまとまることは、多くはないといってよいでしょう。このことは、加害者が保険会社に頼らず、自ら示談を申し入れてくる場合にも同様です。
したがって、示談で損害賠償請求紛争を解決するのは、被害の程度が物損程度である等比較的小さく、弁護士に依頼して訴訟をするまでの必要がないような場合に限るべきといえます。人身事故で被害の程度が重大な場合には当初から訴訟によることを視野に入れることが賢明です。
なお、訴訟での解決はどうしても時間がかかるため、損害賠償を直ちに支払ってもらわなければ、治療や生活にも困るというような場合には、訴訟と併行して、内金払いや仮払いという形での示談交渉を行うべきです。